るこ

中距離寄りスタンダードキャラ
長所
・リーチの長い下段2A、弾速の速い26、空中飛び道具のJ26等中距離戦向きの技が多い
・1ゲージでの追撃可能無敵技持ち、状況によってはガードされても確反が安くなる
・24Aは咄嗟に出せるローリスクな投げ無敵技
・性能はそれなりだが、ガードキャンセルされない空中急降下技のJ2Bを持つ
・26Cのおかげで中距離からでもある程度纏まったダメージが取れる。
短所
・J24Cの性能上、空中コンボの判断・完走がやや難しい。

まりな

リーチが短めのスピードキャラ。
長所
・2段ジャンプ、空中投げ、空中突進、空中飛び道具等、空中での動きの幅が広い
・ワープ技の22は攻撃判定こそ無いものの、使い分ければ相手の攻めを捌きやすい
・始動や画面位置に左右されるが、空中投げを複数回組み込んだコンボの火力は高い
・ワープ技の22Cを利用した見切り辛い崩し
・地上ダッシュ、前転の全体F等移動関連のステータスも優秀
短所
・コンボが始動や画面位置によっては安くなりやすい。
・通常技のリーチがやや短い。

すぐる

コマンド投げ持ちのパワーキャラ。
長所
・体力が高い
・システム上強力な通常投げの範囲が広い。
・通常技にリーチの長い技もある
・22B、22Cは無敵技だが硬直差が良い
・突進技や空中での軌道制御技も持っている。
短所
・ステップを技でキャンセル出来ない等、機動力に難あり
・遠距離戦が得意な相手にはゲージが無いと少々攻め手に欠ける
・地上通常技は2段チェーンなのでコンボルートの判断や確認が少し難しい

さち

スーパーアーマーや、浮遊による独自の機動力を持つパワーキャラ。
長所
・体力が高い。
・始動によってはゲージ効率の良いコンボも可能。
・A攻撃に対して常時スーパーアーマーの様な物があり、噛み合う相手にはかなり楽ができる
・26、J26等、遠距離でのゲージ溜めを咎めやすい技を持つ
・浮遊を活かした特殊な機動による立ち回りや崩し(近距離なら9>2>J2Bでめくれる)
短所
・リーチの長い技は総じて硬直も長く、読みの的になりやすい。
・地上の移動性能は低め。
・ノーゲージ無敵技の性能が控えめ。
・地上通常技は2段チェーンなのでコンボルートの判断や確認が少し難しい。

アル

無敵技の性能が高い、パワータイプのタメキャラ
長所
・体力が高い(たぶん上から二番目)
・システム上強力な通常投げの範囲が広い。
・無敵時間のある4タメ6B、Cの性能が良く、キャラによってはまともな反撃が無い事も。
・2タメ8Cは見てからガードは困難な発生の中段で追撃が可能。
短所
・地上通常技は2段チェーンなので、コンボルートの判断や確認が少し難しい。
・強力な技がタメ技に偏っているので、タメが完了していない時の判断に悩む事も。

たまも

最大火力こそ伸び悩むが、攻守共に光る面を持つ長リーチキャラ。
長所
・通常技のリーチが長く、飛び道具等も使い勝手の良い技が揃い遠~中距離戦に強い。
・22は攻撃判定こそ無い物の切り返しとして優秀。22Cを使った攻めも見切り辛い。
・空中ダッシュ、J2B、J24C等による空中制御も豊富で対空の的を散らしやすい。
短所
・コンボ火力は低め。始動によってはある程度高くは出来るが難易度が跳ね上がる。
・前投げコンボ・空対空コンボは伸ばす余地が殆ど無い。

ゲンジ

リーチの短さを、ステップの速さと高性能の空中突進技で補うインファイター。
長所
・体力が高い。機動力の高いインファイターとしては破格の高さ。
・ステップが早めで、全キャラ中唯一ステップキャンセルジャンプが可能。
・通常投げの範囲が広い。ステップ投げは速度の速さも相まって凄い所から投げられる。
・J24A、Cは軌道、速度、着地硬直等総合力の高い空中突進技でガンガン振っていける。
・無敵技の22Cは確反を取られ辛く、取られても安くなりやすい優秀な技。
短所
・咄嗟の下段や遠目の始動の場合、コンボが安くなりやすい。
・通常技のリーチが全体的に短め。
・効率の良いルートを選ぼうとすると、空中コンボに少し慣れが必要。

裏ゲンジ

空中突進の性能が控えめになった変わりに、飛び道具付きになったインファイター。
長所
・J24以外の長所は表ゲンジの据え置きの上で、飛び道具が撃てる。
・J24Cは表より生出しのリターンが高い。地面バウンドのおかげでコンボも簡単になる。
・24A~B持続当てが攻めのアクセントになる。
短所
・J24は表と違い着地硬直が長く、表ほど気軽には使い辛い。
・表よりは多少マシだが、咄嗟の下段や遠目の始動は纏まったダメージが取り辛い。
・飛び道具の性能は並で、優秀なJ24の代わりに持つべき技かと言われれば疑問な面も。

リーリー

崩し能力に長けるインファイター。
長所
・ガードされても有利な下・中段の必殺技を持ち、択を仕掛けやすい。
・各種22は性能に癖はあるが、ガードされても反撃を受け辛い無敵技。
・2Cは低姿勢スライディング。直接潰し辛いキャラに対しては優位に戦える。
・J26A~Bによるゲージ溜めがしやすい相手には、ゲージ技を贅沢に使える。
短所
・空対空始動が3ゲージ技を使わないとダメージが伸び辛い。伸びてもゲージ効率は悪い。
・22Bが性能の都合上対空に使い辛く、ノーゲージでの対空判断が少し難しい。

ノルン

リーチの長い技を持つ上に1ゲージ無敵技の性能が高い、遠距離重視のキャラ。
長所
・通常技のリーチが長く、飛び道具も全体フレームが優秀。遠距離で立ち回りやすい。
・22Cは遠距離キャラとしては破格の優秀な追撃可能の無敵技。ガードされても有利。
・ゲージがあれば24Cを使い、遠距離からある程度纏まったダメージも取れる。
短所
・コンボが安くなりやすく、大差をつけられると追うのに苦労しがち。
・各種移動性能は低め。
・ノーゲージ時のインファイトはやや苦しい。

アギト

やや重量級寄りのインファイター。
長所
・ノーゲージ無敵技の22Bの威力が高い。複数回当たってしまうと馬鹿にできない。
・6Cは硬直の短い前進攻撃技。連打するだけで相手の目の前で止まって投げが可能。
・4タメ6Cは突進距離が長く空ガ不可で逃げの選択肢を咎めやすく、ガードされても確反が無い。
・22Cはガードさせればキャンセルでフォローが出来る。もう1ゲージ追加でエリアルも可能。
・426Bは2ゲージ技としては優秀な無敵時間の長い突進技。
短所
・ノーゲージ技の性能的にゲージ技に頼りたいが、ゲージ溜め効率は並。
・一部を除き、通常技のリーチがやや短め。

めぐみ

中段と下段の派生を出す事ができる、特殊な地上移動技を持つインファイター。
長所
・無敵移動技の26Cが優秀。派生を出して中下を迫っても派生せずに投げてもいい。
・J24Cと26C(派生A)のおかげで安易な飛び道具を咎め易い。
・22Cは追撃が可能で、ガードされてもある程度誤魔化しが効く優秀な無敵技。
・基本移動性能が高め。
短所
・通常技のリーチが短い。
・ノーゲージでは立ち回りで有効な、気軽に振れる技が少なめ。
・26派生Aを咎め易い相手の場合、ゲージ溜めの効率が悪い。

タオ

優秀な飛び道具持ちのインファイター。
長所
・26Aはインファイターとしては破格の、全体Fが短い飛び道具。
・エリアルへ移行できる24Bのおかげでノーゲージ火力は高めの部類。
・素直なめくり技のJBと、真下に落ちるJ2Bの二つの軌道でめくり択を迫る事ができる。
・426Cは端まで届く弾速の早めな飛び道具。遠距離から行動を咎める事ができる。
・基本移動性能が高め。
短所
・通常技のリーチが全キャラ中トップクラスの短さ。
・無敵技の性能が控えめ。特に22Cはインファイターとしては心許ない性能。
・前投げ漏れで出る6Cの全体Fが長く、咎められやすい。

ゼノン

5方向への空中ダッシュができる、立ち回り重視のキャラ。
長所
・5方向かつ回数制限の無い空中ダッシュと必殺技を組み合わせて、独特の空中制御が可能。
・26A~Bは端まで届く高速の飛び道具で、遠距離でも安易なゲージ溜め等を咎めやすい。
・各種24は当たれば一気に端まで運送し、下げたラインを一気に上げなおす事ができる。
・22Cは技の後空中で行動可能で、反撃を受けづらい無敵技。
短所
・通常技の威力が低く、コンボも安くなりがち。
・下段が2Cしかない上に硬直差が悪く、キャンセル先も癖があり下段択のリスクが高め。
・26は全体Fが長く、J26は大幅にラインを下げてしまう等、弾の性能の癖が強い。

裏ゼノン

1F発生の当身を持つ、飛び道具が優秀な立ち回り重視のキャラ。
長所
・1F発生の当身を持ち、読みさえ合っていれば様々な攻撃に対処できる。
・22BはA版と同じモーションで上半身当身に加えて投げ無敵になり、攻め側は非常に判断に困る。
・26Aは端まで届く上に全体Fが短めで、かなり使いやすい部類の飛び道具。
・426Cは凄まじい範囲の空中ガード不能技で、トドメに使いやすい。
短所
・全体的な火力の低さは表の据え置き。
・シンプルなノーゲージ無敵技を持たないため、場合によっては対処し辛い場面も。

フジカワ

硬直差に優れる無敵技を持つパワー型インファイター。
長所
・体力が少し高め。
・22A~Cは硬直差の良い無敵技。確定状況でさえなければ投げにも対処しやすい。
・J26C、J426Cによる地対空・空対空潰しが強力。意識させれば飛ぶだけでプレッシャーを与える事ができる。
・突進技の24は硬直こそ長めだが突進速度に優れ、威力も高い。
短所
・二段チェーンなのでコンボ判断がやや難しい。

チェシャ

弾速は遅いが制圧力の高い飛び道具で弾幕を張れる、遠距離重視のキャラ。
長所
・飛び道具の26やリーチの長めな通常技による制圧力が高い。
・426Bは2ゲージ技としては空中ガード不能範囲が広い。
・空中ダッシュによる空中制御も可能。現バージョンではその気になれば画面外まで旅立てる。
・空中に浮く地上ダッシュや下に判定の広い空中技による見きり辛い中段も可能。
・遠距離キャラでありながら、3ゲージ時に地上打撃始動が当たると大ダメージコンボも可能

短所
・体力、根性補正共に低い。
・平均火力はやや低めで、空対空コンボは特に安く伸びる余地が殆ど無い。
・地上ダッシュで浮くので、ダッシュ投げが出来ない等小回りが利かない場面も。

KING

通常技のリーチが長めで、癖はあるが攻めのパーツをいくつか持つキャラ。
長所
・通常技のリーチが長い。
・地面に残る26A、ガーキャン攻撃が確定しない24、ガーキャン不可の前進6B等による独特の攻め能力。
・貴重な急降下中段でガーキャン不可、チェーン可能なJ2Bによる崩し。

短所
・体力、根性補正共に低い。
・通常技や殆どの必殺技の威力が低めで、火力は伸び悩む。
・地対空技はやや癖があり、使い分けが難しい。
・通常技、必殺技の発生に早い技が少なく、反撃に困るケースも。

イア

優秀なゲージ技を持ち、トリッキーな動きも出来るゲージ依存気味の高火力キャラ。
長所
・ゲージを使うものの、飛び道具の4タメ6C、無敵技の2タメ8C共に凄まじい性能を誇る。
・空中制御技を複数持ち、独特の軌道制御が可能。
・端付近では非常に高火力のコンボが可能。状況さえ整えば熊も倒せる。
・2タメ8Aを咎め辛い相手には高速でゲージ溜めが可能。暴れとしての性能も悪くない。

短所
・体力、根性補正共に低い。
・技の構成上、ノーゲージ時は至近距離以外では纏まったダメージが取り辛い。
・ややゲージ依存する面があり、溜めさせて貰えない時は少々我慢が必要。

セフィ

単発高ダメージの遠Cを狙いつつ、リーチの長い技で戦う中距離重視のキャラ。
長所
・剣を使った技のリーチが長め。
・遠Cは約4分の1の体力を奪う長リーチ技。ガードさせればフォローも効く。
・前進する中段の24と、リーチの長めな2Cによる中距離からの崩しが可能。
・624Cは発生は遅いが無敵、リーチ、威力の三拍子揃った技。

短所
・コンボ火力は低め。
・飛び道具の性能が悪く、遠Cの範囲より外側の戦いは苦手。
・遠Cの全体Fは長く、読みの的になりやすい。

ミク

優秀な1ゲージ技と判定が強めの通常技を軸に戦う、ゲージ依存気味のキャラ。
長所
・通常技はリーチもそれなりで、判定が強めの技が多い。
・フレーム性能こそ控えめだが、端まで届く飛び道具を持つ。
・各種22は攻撃範囲こそ狭いが、ガードされても重い反撃を受け辛い。
・確反を受けない追撃可能無敵技の22Cによる迎撃、暴れ能力が高い。
・発生が早い上に、先端なら反撃を受け辛い追撃可能中段の24Cによる崩し。

短所
・ノーゲージ時は中段こそあるものの、やや攻め手に欠ける。
・ややゲージ依存する上に、硬直の長い技以外のゲージ溜め能力が低い。

リン

モードを切り替えて戦う、性能を活かし切ろうとすると操作が忙しいキャラ。
長所
・スタンドOFF時は多くの必殺技に発生保障つき。
・基本的に通常技>最速スタンドONorOFFで有利Fが取れる。
・22の空中ガード不能範囲が広く、ダメージが当たり方に左右され辛く安定している。
・スタンドON24Aがとにかく強力。威力、突進速度、判定、硬直差等全てがハイレベル。
・3ゲージ技の624Bは相手だけスローにする。立ち回りやコンボ等で有用。

短所
・スタンドOFF時の技は発生保障があるもの、パンチに欠ける。
・攻撃を喰らうと強制でスタンドOFFになってしまう。
・スタンドON時の24に対処しやすい相手だと立ち回りに悩む。
・性能をフルに発揮しようとすると操作が忙しい。






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-28 (日) 17:25:44